LastRoots、QUOINE、バイクリメンツなど、仮想通貨を扱う会社の評判や口コミをまとめました。

仮想通貨を扱う会社の評判は?

最近の投稿

LastRootsの評判はどう?サービスを利用した口コミ評価とは?

投稿日:2017年5月9日 更新日:

PASONA_8_TP_V

LastRootsの仮想通貨

近年現実で国々が発行している通貨の他に仮想通貨というシステムを利用するという試みが行われています。
日本国内ではこの仮想通貨に関する法令が2016年に制定され、多くの企業がそのサービスに参入しています。
参入した企業の中でも最も信頼を集めている企業として挙げられるのがLastRootsです。
仮想通貨といっても現実の通貨とほぼ同じようにサービスを導入している企業内という条件付きではありますが、物を購入したりする事ができます。
そのため現実の通貨と同じようにその通貨に対しての信頼度という点を多くの方が注目しており、口コミでもその点が度々話題になっています。

まず仮想通貨のシステムに関しての口コミですが、仮想通貨のシステムはインターネット上で利用する事になるためセキュリティレベルを高くするべく分散型システムを採用しています。
具体的にはブロックチェーンと呼ばれている各々のレコードが独立したシステムを取引内容を記録するために使い、容易にレコードが改ざんできないようにしています。
しかしこれだけだと各々のレコードにアクセスするためのタイムラグが膨大になってしまうため、その問題を解決するためにブロックチェーンではレコードの中にタイムスタンプと前のレコードのデータを格納して、インターネットの接続環境があれば誰でも取引内容が閲覧できるようになっています。
そのため不正を行おうとしてもインターネットに接続して仮想通貨の利用者全ての監視の目がある事になるため、不正は不可能になっています。
なのでこの点を評価している評判の声も多く、仮想通貨の利用者は日本国内では2017年4月現在では一年も経過していませんが莫大な利用者が存在しています。
それと比例してブロックチェーンで仮想通貨システムを開発したLastRootsの名前も多くの人に知れ渡る事になります。

ブロックチェーン技術の利点はただ分散型のレコードを採用しているというだけでなく、ブロックチェーンのシステムとは別にアカウント等の管理を統率しているシステムを用意しているという点です。
取引そのものはP2P接続を行いユーザー間で行う事になるのですが、アカウントの管理やその他必要システムの統括等は別のシステムを用意してそこで管理しているのです。
そのため他人のアカウントに不正アクセスをする事も難しくなっているので、利用者の間では安心して仮想通貨による取引ができると評判になっています。
今では多くの人に利用されるようになった仮想通貨ですが、セキュリティレベルだけで有名になったわけではありません。

仮想通貨のブロックチェーン技術

仮想通貨に関するブロックチェーン技術に関しては仮想通貨だけでなく各国で発行システムの導入を考えている暗号通貨のネームバリューが大きく関係しています。
2009年に初めて暗号通貨が誕生して以来世界中で暗号理論を用いた仮想通貨の研究が成されているため、将来的に個人と含めた多くの投資家は未来的にさらに活躍すると予想している通貨との評判を獲得しているのです。
投資家の評価程通貨の信頼度を保証するものはないため、これが一般の人にも知れ渡る事になり多くの人が口コミにて仮想通貨を絶賛しています。
また現実の通貨との違いを指摘した評価も多くみられます。
例えば通貨の発行数に関しての評価が多く、通常の通貨は日本国内だけで利用する事がないため世界中にその通貨が出回っており現在どの程度の通貨が発行されているのか、その多くは誰が所持しているのかが把握する事ができません。

そのため投資家の間では見通しの立てにくいという評価もありました。
一方LastRootsが提供している仮想通貨ならば管理統括を行うシステムにインターネット上で簡単にアクセスできる上に、通貨の発行数も簡単に閲覧する事ができます。
これならば投資経験がない人でも仮想通貨を為替のように取引して利益を得る事が簡単になるというメリットがあります。
こういった状況が顕著に表れているため近未来的に投資を考えている方は仮想通貨に関する情報を閲覧しながら勉強している方も多く、コミュニケーションサイトでは仮想通貨に関する質問や情報交換が頻繁に行われている程の人気になっています。
そしてLastRootsが運営している仮想通貨にはコンテンツ事業と関連付けられているという最大のメリットが口コミの中で評判になっています。
現実の通貨だと通貨そのものにスポンサーが付くことはなく、芸能人等にスポンサーが付きCMの制作費用等を出資してもらう事で宣伝が成り立ちます。
この方法でもある程度の宣伝効果を期待する事はできますが、仮想通貨の宣伝はそこからさらに一歩踏み込み配信したコンテンツそのものに仮想通貨の付与サービスを行うという形にしているのです。
つまり配信したコンテンツを見ただけで消費者にとってはお金がもらえる事になり、さらに仮想通貨を利用できる企業で仮想通貨を使い商品を購入すればさらなるサービスを受けられるようにすれば商品のリピーター層をより確実に獲得する事ができます。

LastRoots・仮想通貨の可能性

この利用形態は大成功しており、配信コンテンツに関する評価も高くなっています。
ここまで好評価になった理由はインターネットの仕組みに秘密があり、インターネットで欲しい商品や情報を検索すればほぼ確実に関連した商品を販売している通販企業や情報サイトにアクセスできます。
そのため商品や情報を閲覧して購入したり閲覧しないという確率が非常に少なく、効果的に宣伝媒体を作ればほぼ確実に商品を購入してもらえます。

仮想通貨を導入した側の企業でもこの点は非常に評価しており、近年のインターネットの宣伝媒体は優良顧客をいかに獲得するかという方法を模索している企業が多い傾向があります。
企業も利用者も当然気持ちよく商品を購入してほしいですし、自分に必要な商品を購入したいので仮想通貨はこういった両者の需要と供給を満たしたシステムであると多くの方の支持を獲得しています。
現在仮想通貨利用者の間で希望されているのはコンテンツの充実化に対する声が強く、仮想通貨を発行している企業の多くは現在開発環境を整えてその声に応えようとしています。

ただし開発環境をただ揃えるだけでは普通の企業と同じであるため、仮想通貨を発行している企業では個人でコンテンツ開発を行える人へのアプローチも考えており、この点も利用者からの評価を獲得している要因になっています。
近年動画配信のコミュニケーションサイトの影響とハイスペックな技術環境の低価格化の影響で、動画のクオリティもプロと素人の境目が無くなるほどになっているのでその開発力を持った人にコンテンツ作成を依頼する動きがあります。

身近な人が思った事を正直にプロモーションしてもらえるので、配信しているコンテンツの信頼度もより高くなり結果的に仮想通貨の評判も高くなってより多くの方の支持を獲得する事に成功しています。
この様に連鎖的に好評価を獲得していきいまでは多くの仮想通貨利用者を獲得したLastRootsですが、まだまだ発展に対する伸びしろが残されておりその点に注目している口コミもあります。
例えば日本市場における株式への影響がその一つで、仮想通貨導入後一部の企業の株式が5倍以上にまで跳ね上がる事態になり市場に新たな風を吹き込んだ事は多くの投資家を驚かせました。
その影響でまだ発展途上である仮想通貨で膨大な利益を獲得しようと仮想通貨を集めている人も存在するので、これがブレイクすれば大きな経済の波となって日本国内の経済情勢を改善してくれるのではという評価も囁かれている程になっています。
なのでこれから投資家を始める事を考えている方は仮想通貨に関する情報を集めてみる事をお勧めします。

世界のc0ban導入店舗を地図上に可視化するc0ban worldをリリース

2016年6月2日に設立されて以降、c0banと名付けられた和製・仮想通貨を活用したサービス・販売を主に経営を行っている株式会社、それがLastRootsという会社です。

c0banを未来のお金として、現金やクレジットに代わる新たな決済方法として確立することを目標として視野にとらえているLastRootsですが、では、LastRootsが扱っているこのc0banとは具体的にどのような通貨なのでしょうか。

他と大きく異なっている点、それはブロックチェーンと呼ばれる技術を採用している点です。
ブロックチェーンによる技術は非常に革新的とされインターネットに続く技術とまで評されており、分散ネットワークからなる公開型分散台帳システムとなっています。

その公開型分散台帳システムを用いることで、ノードと呼ばれる各サーバ上に蓄積されている情報をいち単位をブロックしますが、そのブロックが連続して紐付いた形で保存されているものがブロックチェーンと言われる技術なのです。

このブロックチェーン技術を組み込まれた和製・仮想通貨、時には暗号通貨、デジタル通貨とも呼ばれている通貨がc0banです。

2016年12月のちょうどLastRootsが設立した6ヶ月後にc0banのブロックチェーンは始動しましたが、2017年の夏にパブリックブロックチェーンとして設計がなされていたものが本格的なオープンソース化になるなど、c0banの仮想通貨は成長するかのように様々な変化を見せています。2017年の春には、世界のc0ban導入店舗を地図上に可視化するといったc0ban worldがリリースされました。

このc0ban worldと呼ばれるウェブアプリケーションの導入で、c0ban所有者の方がどの場所でどのお店でc0banを利用することが可能であるのか、また地図を活用したプロモーションの展開といったことが瞬時に把握して行うことが出来るようになるのです。

このc0ban worldの登場で、c0banの使い方がより一層便利になったのは言うまでもありません。加えて、このc0ban worldにはさらなる機能が順次追加予定とされており、これからの利便性の向上に期待が持てるようになっています。

このようにLastRootsという会社は、c0banをクレジットカードなどを超える新たな未来の通貨とするべく、日々c0banの利便性を追求してる企業なのです。

-最近の投稿