LastRoots、QUOINE、バイクリメンツなど、仮想通貨を扱う会社の評判や口コミをまとめました。

仮想通貨を扱う会社の評判は?

最近の投稿

株式会社ダエグの評判はどう?サービスを利用した口コミ評価とは?

投稿日:

株式会社ダエグは、2015年6月に資本金300万円で設立された会社で、田中秀明氏が代表取締役社長をつとめており、東京都目黒区目黒に本店を置いており、東京都渋谷区桜丘町に営業所を設置しています。

株式会社ダエグは、暗闘通貨、仮想通貨の普及と啓蒙活動、フィンテック関連事業、デジタル機器の販売、コンサルティング事業などのサービスを展開しています。株式会社ダエグは、健全な仮想通貨、安全通貨、クリプトコインの知識と普及を広める企業として日々業務を行っています。

ダエグは、積極的に仮想通貨の勉強会やセミナーを行っており、東京だけではなく、沖縄でも勉強会を開催したことがあります。また、ダエグは、ラオスでの社会貢献事業を推進している公益NPO法人を応援しており、ビジネスだけではなく、社会奉仕事業にも積極的に取り組んでいます。

株式会社ダエグについては、インターネット上で様々な評判や口コミがあります。最初に目に入るのは、株式会社ダエグのホームページ上に電話番号が掲載されていないことについての疑問です。お金を扱うフィンテック関連事業を行っているにもかかわらず、ホームページ上の電話番号が「非公開」となっていることについて、組織としてダエグの姿勢を疑う声が散見されます。

また、ダエグの営業所が設置されているとホームページに記載されている東京都渋谷区桜丘町の住所について、レンタルスペースの住所と部屋番号まで同じであるという指摘が、ウェブ上にあります。ダエグの営業所住所だけではなく、本店住所についても、架空の疑いがあるという懸念もありませいた。

さらに、ダエグは、名称を明かすことができない仮想通貨を予約販売しているという噂が、インターネット上に流れています。また、ダエグが取り扱っているクリプトコインは、ビットコインなどの主要な仮想通貨に比べて知名度が低く、クリプトコイン自体が何のことが分からないという意見もありました。

仮想通貨や暗号通貨は、2008年のリーマンショック以降、世界中で自由に使える決済手段として普及が始まりました。金融不安が起こってしまうと、株式や投資信託が暴落し、流動性のある資産であっても、国境を越えて移動させることが難しくなるためです。

しかし、仮想通貨や暗号通貨は、法定通貨ではなく、政府や金融当局が関与しないため、ビットコイン取引所などの運営が、適切に行われているかどうかを確認する手段がないことについても、不安を覚える人がいます。

-最近の投稿