LastRoots、QUOINE、バイクリメンツなど、仮想通貨を扱う会社の評判や口コミをまとめました。

仮想通貨を扱う会社の評判は?

最近の投稿

NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.の評判はどう?サービスを利用した口コミ評価とは?

投稿日:

NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.は、フィリピンの政財界がサポートを行っている「Noha Project(ノア・プロジェクト)」とノアコインのサービスを運営している組織団体です。NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.は、フィリピンのマニラに所在地を置いています。

日本でフィリピン人と話をする機会があると、NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.が提供しているノアコインの話題になることが、よくあります。NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.が、ノアコインを開始した理由の一つに、海外で働いているフィリピン人が自国に送金する際の手数料が高いことから、この手数料問題を何とかするために開発された仮想通貨と言われています。

また、フィリピンでは、銀行口座を持っている割合が3割程度で、残りの7割のフィリピン国民は銀行システムへのアクセスを持っていないと言われています。家族が外国に働きにいって、外貨を稼いだとしても、多額の送金手数料が必要な上に、銀行口座をそもそも持っていない人が多く、フィリピンではこの点が大きな社会問題になっていたのです。

国として抱えていた問題の解決に乗り出したはずのNOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.ですが、そのホームページをのぞいてみると、なぜか英語と日本語の画面が表示されています。この点については、日本でも評判になっており、インターネット上の口コミなどで、色々な日本人が関与しているといった類の噂が流れています。

ただし、フィリピンでは、ノアコイン関連の様々なビジネスが官民上げて行われており、すべての施設やお店でノアコインが利用可能な、ノア・シティという地区が設計されているという話がインターネット上で出ています。また、フィリピン・エアラインなどが協力して、ノアコインの機内広告をプロモーションで流すという話も持ち上がっています。

日本人が仮にノアコインを購入した場合、拠点がフィリピンであるため、何かあったとき、法規制の違いや商慣習の違いからトラブルになる可能性が高く、取引はしないほうがいいという意見がインターネット上の口コミで書かれています。ノアコインは、送金手数料がほぼ無料であることがセールス・ポイントですが、運営、管理面での疑問が多く、普及するかどうかはまだ不透明な点が多いです。

-最近の投稿