LastRoots、QUOINE、バイクリメンツなど、仮想通貨を扱う会社の評判や口コミをまとめました。

仮想通貨を扱う会社の評判は?

最近の投稿

デジタルカレンシー株式会社の評判はどう?サービスを利用した口コミ評価とは?

投稿日:

デジタルカレンシー株式会社は、2009年2月に設立され、東京都港区新橋に所在地を置いています。従業員10名を擁しており、金採掘事業、ウェブマナーの発行、開発事業、クレジット決済事業、インフォメーション・テクノロジー・ネットマーケティング事業、ウェブサイト制作事業、サービス提供などを行っています。

デジタルカレンシー株式会社は、世界初の金を担保にしている仮想通貨であるクレジットコインを取り扱っています。しかし、デジタルカレンシー株式会社の評判や口コミを見ると、「ビットコイン以外の暗号通貨や仮想通貨は信用できない」という意見があります。

ビットコインなどの仮想通貨が注目されるようになったきっかけは、2008年のリーマンショックであったと言われています。金融不安によるリスク回避のため、投資家は安定している通貨を求めました。今後、同様の金融不安があった場合、ビットコインのように世界中で簡単に取引される暗号通貨、仮想通貨があれば、資産を容易に他国へ動かすことができます。

そのようなニーズがある人であっても、仮想通貨を取り扱っている業者は慎重に選ぶ傾向にあります。デジタルカレンシー株式会社が取り扱っているクレジットコインも、今後購入者が増え、利用者が拡大していくことで、需要が高まり、ニーズの上昇とともに資産価値も上がっていく可能性があります。

世界中で、暗号通貨や仮想通貨は、約1,000種類あると言われており、クレジットコインもその一つになります。また、仮想通貨に今ごろ参入するなんて遅すぎるという意見もインターネット上にあります。デジタルカレンシー株式会社が主催しているセミナーなどに出席した参加者は、「怪しさ満載のセミナーだった」との口コミを残しています。

「金融をおままごとにしている子どもが勝手につくった架空のカレンシー」という意見もあり、仮想通貨として新参者のクレジットコインに対しては、なかなか厳しい意見が多いようです。クレジットコインに限らず、ビットコインなどの暗号通貨や仮想通貨は、法定通貨ではないため政府による厳しい規制をあまり受けていません。

銀行や証券会社など、投資家から広く資金を集める組織に対しては、どこの国であっても、金融当局が定期的な検査を行い、適切な運営がなされているかモニタリングが行われます。クレジットコインはこれから拡大を目指す仮想通貨ですが、ビットコインなどの先行者との競争は熾烈です。

-最近の投稿