LastRoots、QUOINE、バイクリメンツなど、仮想通貨を扱う会社の評判や口コミをまとめました。

仮想通貨を扱う会社の評判は?

最近の投稿

一般社団法人 日本クリプトカレンシー協会の評判はどう?サービスを利用した口コミ評価とは?

投稿日:

一般社団法人 日本クリプトカレンシー協会は、安富康裕氏が代表CEOであり、東京都中央区日本橋に所在地を置いています。一般社団法人 日本クリプトカレンシー協会は、日本と世界をフラットにする暗号通貨、仮想通貨を普及させるための活動を行っています。

一般社団法人 日本クリプトカレンシー協会は、仮想通貨、暗号通貨に関する公正な知識を広め、利用者の理解を促し、できるだけ早い段階で、当たり前のように利用されるよう、暗号通貨、仮想通貨のセミナーや勉強会の開催、世界中の関係者との情報交換、ホームページなどを積極的に利用したインターネット系譜の情報発信などのサービスを提供しています。

一般社団法人 日本クリプトカレンシー協会の信念は、暗号通貨、仮想通貨の普及に関して、利用者の安全を第一に考え、暗号通貨、仮想通貨普及のリーダーシップを取れる存在になり、平等な思想の下で健全な活動を行うことです。一般社団法人 日本クリプトカレンシー協会の評判や口コミは、インターネット上で様々なものが見受けられます。

2016年8月11日に、日本クリプトカレンシー協会で情報漏洩が発覚しました。インターネット上で、管理体制の甘さや唱えている信念との違いを指摘されています。日本クリプトカレンシー協会は、投資家保護に向けた情報管理体制の刷新を、2016年9月5日に発表しましたが、社員教育や年に1回の個人情報保護管理の重要性アナウンスなどの場当たり的な対策であり、このやり方にもインターネット掲示板などで組織としての方向性を疑問する意見が見受けられました。

また、日本クリプトカレンシー協会の人物は胡散臭いという意見もインターネット上にあり、ビットコイン以外は詐欺であるという考えを多くの人が持っているようです。仮想通貨や暗号通貨は、国が定めて法定通貨ではないために、「いきなり消えてなくなるのではないか」とか「取引所が顧客の財産をきちんと管理しているか分からない」という意見も根強く、日本クリプトカレンシー協会もその一味と一部の掲示板では思われているようです。

日本クリプトカレンシー協会は、毎週のように投資家向けセミナーを開催しており、仮想通貨、暗号通貨の普及に取り組んでいます。しかし、その参加者からも、「やっぱり胡散臭かった」、「詐欺セミナーのようだった」という声も見られ、日本で暗号通貨、仮想通貨を普及させるまでの道のりは平たんではないようです。

-最近の投稿