LastRoots、QUOINE、バイクリメンツなど、仮想通貨を扱う会社の評判や口コミをまとめました。

仮想通貨を扱う会社の評判は?

最近の投稿

デジタルゲートジャパン株式会社の評判はどう?サービスを利用した口コミ評価とは?

投稿日:

デジタルゲートジャパン株式会社は、2014年6月に設立され、東京都渋谷区広尾に所在地を置いています。デジタルゲートジャパン株式会社の事業内容は、仮想通貨取引所の運営、仮想通貨の売買、保有、それらに付随する関連業務などです。

デジタルゲートジャパン株式会社は、日本で初めて第三者機関による監査を受けた仮想通貨取引所です。公認会計士による監査を行っており、顧客に安心して取引してもらえる国内ナンバーワンの仮想通貨取引所を目指して日々サービスを提供しています。

顧客からの信頼を第一に考えているデジタルゲートジャパン株式会社の方針の一環として、資産の分別管理と手数料収益などにについて定期的に開示などを行っています。顧客の資産である仮想通貨を適切に管理し、それを適宜公表することによって、信頼される仮想通貨取引所になれるとデジタルゲートジャパン株式会社は考えています。

デジタルゲートジャパンが取り扱っている仮想通貨であるリップルについては、様々な評判や口コミがインターネット上で確認できます。ビットコインが仮想通貨としての知名度ナンバーワンであるのに対し、それ以外の暗号通貨や仮想通貨は「怪しい」とか「胡散臭い」というイメージが強い人も多く、取引は辞めておいた方がよいと考える人も少なからずいます。

暗号通貨や仮想通貨の数は、世界中で1,000以上もあり、さらに拡大を続けている状況ですので、デジタルゲートジャパンが提供しているリップルについても、知名度を上げていくのはなかなか難しい作業のようです。仮想通貨や暗号通貨は、米ドルやユーロ、日本円のような法定通貨ではないため、政府による規制や検査を受ける機会がありません。

そのため、仮想通貨取引所を運営している業者が経営危機に陥ったり、倒産してしまった場合に、預けていた仮想通貨がどうなるか分からないという意見がインターネット上でよく見られ、デジタルゲートジャパンが取り扱っているリップルについても、「いろいろなことが不透明」という口コミがあります。

ただ、公認会計士による監査を受けているという点で、デジタルゲートジャパンを評価する意見もあります。金融当局によるモニタリングを受けることがない仮想通貨取引所においては、第三者の目が入ることが顧客にとっても重要な事項になるからです。ただし、2015年8月の平日に会社全体で2日の夏休みがあり、入出金などが出来なかったことについて不満の声がありました。

-最近の投稿